アルビレオウィンドアンサンブル第6回定期演奏会「保科洋の世界VI」鑑賞券
アルビレオウィンドアンサンブル第6回定期演奏会「保科洋の世界VI」鑑賞券
2/28開催の演奏会チケットまたはオンライン鑑賞券をお求めの方はこちら
保科洋指揮法マスタークラス質問と回答
保科洋指揮法マスタークラス質問と回答
マスタークラス中にご質問いただいた内容について、保科洋が回答しております。

お知らせ

2月28日のアルビレオウィンドアンサンブル第6回定期演奏会は、1月19日現在開催の予定です。

新型コロナウィルスの流行により無観客配信となる可能性がございますが、その場合は郷の音ホール入場券をお買い求めの皆様には全額返金いたします。(ご希望によりオンライン聴講券に変更も可能です)

保科洋指揮法マスタークラス特設ページはこちら(マスタークラス参加者の皆様のみご覧いただけます)

https://baton.hoshina-music.com/master_class_2021

 

保科洋指揮法マスタークラス質問と回答を公表しました

マスタークラス実施前および実施中に寄せられた質問について、保科洋の回答を掲載しております。

イベント概要

以下の特典が全て講習会料金に含まれています

受講生2名と保科洋&アルビレオウィンドアンサンブルによる指揮法講習会

2021年1月16日(土) 13:00-17:00予定
保科洋が選んだ2名の受講生を指導しながら、アマチュア楽団の指揮に求められる技術を解説します。 ※ライブ中継につき、この時間外は視聴できません

保科洋のオリジナルテキストを配布します。

これ1冊読むだけでもためになる?! 今回の聴講内容にあわせたテキストを配布します。

保科洋&アルビレオウィンドアンサンブル演奏会とリハーサルテクニックの紹介

2021年2月28日(日) 14:00開始
※リハーサルは日程調整中
※ライブ中継につき、この時間外は視聴できません。

講習会での質問は、#保科洋指揮法 をつけてツィート

講習会では、質問タイムを設けて聴講者の皆様からのご質問を紹介し、保科洋が答えるコーナーを企画しています。(時間の都合により全部はお答えできないことがあります)

小久保まい×稲垣満有子「巫女の舞」収録完全再現コンサート

2021年1月16日(土)10:00~22:00
11月に発売されたCD「巫女の舞」の収録を完全再現! 指揮法マスタークラス参加者には、指揮者カメラ映像動画を公開しますので、予習・復習にぜひご覧ください。

聴講参加費は、上記全て含んで税込2,980円です

お支払いはクレジットカード払いと振込をご利用になれます。お急ぎの方はクレジット決済をご利用ください。

講習会課題曲

課題曲のスコアの一部は、お申込み完了後にアクセス可能になる特設ページにてダウンロードできます。

「指揮法の基礎」〜これまでのおさらい〜

チャイコフスキーの「交響曲第5番」第4楽章と、ワグナーの歌劇「ローエングリン」より「エルザの大聖堂への行列」を用いて、アンサンブルの指揮に必要な知識をおさらいします。

ダイナミクス指示のない場所の表現」〜リード「アルメニアン・ダンス パート1&2」を題材として〜

ダイナミクスが書かれていない部分の楽曲分析、演奏解釈とその指揮法について、より表現豊かな演奏のための指揮について指導・解説します。

「コンチェルト指揮法」〜保科洋「巫女の舞」を題材として〜

ソリストにユーフォニアム奏者 小久保まいを迎え、保科洋作曲「巫女の舞(ユーフォニアムと吹奏楽のための)」を使い、ソリスト×バンドへの指揮、指示の工夫を受講生に保科が伝授します。

保科洋&アルビレオウィンドアンサンブル演奏会

第6回演奏会「保科洋の世界VI」〜保科洋指揮法マスタークラス2021シリーズ〜

日時:2021年2月28日 13:30開場 14:00 開演
会場:三田市総合文化センター郷の音ホール(兵庫県)
指揮:保科洋 ユーフォニアム独奏:小久保まい 演奏:アルビレオ・ウィンドアンサンブル
指揮法マスターコースの課題曲「巫女の舞」「アルメニアン・ダンス パート1&2」が演奏されます!
また、講習会参加者の皆様には、リハーサルテクニックをご紹介する場として、リハーサル動画の公開を予定しています。(日時未定)
プログラム:
保科洋 / 独奏ユーフォニアムと吹奏楽のための「巫女の舞」
保科洋 /「翔陽」
A.ロイド=ウェバー /「キャッツ」より「メモリー」
F.ロウ /「マイ・フェア・レディー」
A.リード /「アルメニアン・ダンス」パート1&パート2

Timeline

  • 課題曲発表・オンライン聴講生申込受付開始

  • 保科洋指揮法マスタークラス2021

  • 小久保まい(Euph.)x稲垣満有子(Piano)「巫女の舞」収録再現オンラインコンサート

  • 保科洋&アルビレオウィンドアンサンブル演奏会

チラシダウンロード

ご挨拶

保科洋指揮法クリニックファンのみなさま、こんにちは!
「来年のクリニックはどうなるのだろう、、」と気をもんでおられた方も多くおられたのではないかと思います。

2017年から毎年、4回にわたって保科洋指揮法クリニックを開催し、参加者のみなさまにも北は北海道、南は沖縄まで、全国からお集まりいただいておりましたが、新型コロナウィルスの流行に伴いまして、残念ながら来年は例年と同じ形での開催はできない、との結論に至りました。

しかし、折角1年に1度、指揮を見つめ直す場として成熟してきていたこの企画をスキップしてしまうのは大変勿体ないと思い、モデルバンドのアルビレオウィンドアンサンブル様にあまり負担がかからない形で、かつ例年の開催規模では難しいテーマに挑戦してみよう、と考えました。
そこで、敢えて受講生を上級者の2名に絞り、1曲を細かく指導する形のマスタークラスを開催して、オンライン配信することとなりました。

メインの課題曲は、A.リードの「アルメニアン・ダンス」パート1およびパート2となります。
指揮の基本も軽くおさらいしますが、テーマは「ダイナミクス記号の書かれていない箇所をどう指揮するか」という、楽曲分析と演奏解釈、それに合わせた指揮の指導、ということになります。
また、近年、アマチュアバンドのレベルが向上し、ソリストつきの曲を演奏する機会も増えてきている現状をふまえ、ユーフォニアム奏者の小久保まいさんにご協力いただいて、ソリストがいる場合の指揮についての実習も行います。

過去4回の指揮法クリニックが微妙に赤字だったことをふまえ、第5回の開催資金を確保するためにも、視聴料の金額については事務局内にもさまざまな意見がありました。 しかし、やはりこれまで参加が難しかった皆様にまずはご参加いただくことが第一歩と考え、今回は破格の2,980円でご提供させていただくことになりました。
(実はかなり文化庁の助成金頼みです(笑)<通らなかったらどうしよう、、、汗)

しかも、このお値段で、小久保まいさん(ユーフォニアム)と稲垣満有子さん(ピアノ)のCD発売記念リサイタル、そしてモデルバンドのアルビレオウィンドアンサンブルx保科洋の定期演奏会「保科洋の世界VI」の視聴も可能という、出血大サービスです!

再来年以降、もしコロナが収束すれば、このような形のマスタークラスの開催は難しくなると思われます。
自分が指揮をしなくても、演奏時に指揮者が何を考えて指示を出しているかを学ぶために、プレイヤーの皆様にとっても有用な講習会になること請け合いです。
どうぞ皆様、この機会にぜひご覧ください!

保科洋指揮法クリニック&マスタークラス 発起人 保科琴代